2019年7月18日木曜日

ハトのお話し



ハトのお問合せが非常に多いのですが、どんな状況でも弊社の機器が効果があるのではありません。


今回は鳩の住みつく段階のお話をします。


下記の0. 1. 2の段階は早期 

3になると病気の進行が始まった そして、4. になると

もはや手の施しようが無くなてしまった状態です

 

( 0 )全く鳩の居ないきれいな工場

( 1 )きれいな状態の工場内に鳩が入ってきて偵察にやってきた

 (  2 ) きれいな状態の工場内に時々、鳩がやって来たが住み着くまでは無い

  ( 3 ) 工場内に鳩がしょっちゅうやってきて工場内に留まり住みだした

  (  4  ) 工場内に鳩が巣を作り卵を産み子作りを始めた 
    それから年中鳩が住みついてしまった



  鳩がやってき来てから倉庫内に住み着くまでの段階は

  上記の( 14 ) 段階になります。


鳩が住み着くのは一種の病気が進行していく様に似ています。

  1及び2の段階なら早期 追い出し可能ですが。、3及び4の段階にになると

  もはや、手の施しようがなくなってしまった状態になります。

  

  子作りでもしていましたら、もはや棒で叩いても何をしても逃げません。

  どうしようもありません。



  でも対策方法はあります安心ください!

  ただ 時間と対策費がかかります。 



 巣を除去しクリーンにしてそして鳩が勘弁してくださいと
思うような方法があります。

  但し 相当な費用とそれなりの作業が必要になります。

  お困りでしたら是非ご相談ください。

2019年6月28日金曜日

バージョンアップしました

以前購入いただきまいした トリクナーとハンドランチャーのバージョンアップを
行いました。
機器はそのままに新しい機能を加えさせていただきます。

バージョンアップは
①音色変更が可能になりました
  ・4つの音がダイヤルで簡単に変更可能
  ・4つの音がランダムに発射される機能有り

②電池交換の時期がわかるようにLEDランプがつきました
   
 電池の残量が低下すると音が小さくなるのとともに、一番効果的な音が出なく
 なっています。

 レンタルで返ってきた機器をチェックするとほとんど電池残量がなくなり、
 寂しい音が鳴っています。 後半音になれてきたのではと感想をいただくことも
 あるのですが、音が出ていないというのも大きな原因です。
 ランプを確認いただくことによって効果が持続します。


 来年はより強烈な音の出るピーカーに変更するためにテストを行っています。

 また近いうちに新機器の発売をします。
 
 

 








 

2019年6月27日木曜日

果樹園の鳥害防除

先日大阪にあるぶどう園へ納品に行ってきました。

ちょうど敵粒の作業をされている所を見学させていただきました。
こちらの農園ではご主人と奥様とも身長が高いので棚が高めとなっています。
大変な作業をいかに効率よくするかも考えてぶどう園をつくられているのですね。

敵粒とは粒が多くつくと互いに粒同士が押し合って割れてしまうので
先の小さいハサミで取り除いていきます。
「これ全部ですよね.....。」
「そうですよ。」
大変な作業です😱

この時に見栄えよく出来上がるように粒の向きも考えて敵粒していくそうです。
大きくなった時の姿を想像して作業できるというとことがさすがです。

このとき実がついていた半分は落とされていきました。


住宅街なので音量調整機能付きトリクナーと超音波トリクナーも
製作させていただきました。
同じように住宅街でお困りの方、ご相談ください。


敵粒前
敵粒後





2019年6月24日月曜日

埋立地のカラス防除機設置

4月末に現地視察を行った山林の埋立地に今月初めに機器を設置してきました。

視察時は埋立地周辺の森を囲うように不気味な数のカラスに出迎えられたのですが、
今回は遠くからたまに鳴き声が聞こえる程度。
GW過ぎからほとんど見なくなったとのこと。

例年暑くなると飛来数は減少傾向ではあるものの、
今年は暑くなっていないのに減少しているよう。


機器は2方向のスピーカーを埋立地対角線に向かい合わせて2台設置。

設置から3週間経過しましたがその後もカラスの飛来数は減少して3~4羽となっています
と報告をいただきました。

防除機器という一つの手段に任せるのではなく、ゴミの捨て方や埋立地の整備など
さまざまな改善の可能性を考えて努力をされています。
カラスの行動についてもカメラで録画をしているそうです。

私達が学ばせていただくことがたくさんありました。
これから秋にかけてどうなるのかまた報告いたします。


反対側にも同じ機器を設置


 










2019年6月21日金曜日

住宅街にアライグマ


家が立ち並ぶ街にお住まいのK様よりアライグマ被害のご連絡を4月頃にいただきました。
特に大きな被害は無いようですが、夜ウロウロされたり、糞を落として行ったりと、
気味が悪いので困っているとのお話でした。

写真は3月の20時頃にK様の奥様が写されたものです。




しっかりと尻尾にシマシマ模様が見えるのでアライグマです。

超音波仕様のなっしをご購入後、玄関付近に置いて位置はを数日ごとに
動かしていただきました。



左の黒い壁を伝うことが多かったようです。

あれから2ヶ月ですが、最近では見かけなくなったそうです。
音についてもセンサーですし、音が小さいので気にならないとのご感想をいただきました。

2019年6月19日水曜日

北海道で熊に遭遇




5月末に羅臼からウトロの知床横断道路の峠から少しウトロ側の下ったあたりで

私たちの車のすぐ目の前をヒグマが横断して行った😱

ランチャーⅢで追払い実験をしたかったが、さっさと森の中に消えてしまった。残念😵

本当は怖いから実験なんて実際には出来ないと思いつつ、残念と言うよりほっとしているのが
実際の所です。怖いぞ~


野生の熊を探して出かけたものの、こんなに近くで見るのは初体験です。

どうも知床半島、羅臼辺りでは熊は結構出没すると現地の人たちが言ってました。


エゾシカやキタキツネは割とあちこちで見かける事が出来ます。

熊に比べると可愛いもんですね。


知床五色沼ネーチャーセンターヒグマのはく製



2019年6月11日火曜日

猿の追払い実験報告

先日追払いの報告をいただきました。

実験場所は大きな湖に沿った山深い町。

1~4音をプログラムしたハンドランチャーⅠを利用して実験していただきましたが、
そのうちの2つの音に反応して追払いを確認。
森に逃げていくので木々に遮られ音が届く距離は短くなる様子。

山中追走はバッテリータイプだと重いので軽量化が必要との意見をいただきました。
今後バッテリーのサイズを小さくすることと、機器本体の改良をいたします。



写真はハンドランチャーで追払い後、ビーコン電波にて群れを確認。
先回りしたところ、農道で猿の群れに遭遇。

その後様子を見るために更に先回りし、畑を荒らしている猿に遭遇。
その際に花火で山側へ追払い。
被害状況を確かめたところ、植えたばかりのジャガイモの親芋が食べられている
状態でした。












2019年6月6日木曜日

カラス防除日記④ 

出張から帰って10日後、私を見てもカラスはソワソワしない。
もしや私を忘れてしまっているのか?
トリクナーを持って近づくと動きが止る。
しかし飛び立たない。
トリクナーを鳴らすと飛び立つのだが直ぐに戻ってくる。

もしや、、、、
卵を抱えている様子。

その後何度も同じように繰り替えすのだがやはり子を守る必死さには勝てない。


巣をつくられそうになった場合は人間がまず威嚇をすること。
だまっていれば許可をしたのと同じことになる。

巣を作り孵化してからは追払うどころか逆に攻撃される場合もある。
すると今度は私達の子供が危険にさらされてしまう。

小中学校の照明塔に作る巣についての問い合わせも増えてきています。
お困りでしたらご相談ください。













2019年6月3日月曜日

北海道の野生動物

カラス、熊の調査のため北海道へ行ってきました。

その足で尾岱沼(おだいとう)野付半島へ。
ここは北に羅臼、南に根室。尾岱沼の町から釣り針のような形をして太平洋に30キロくらい突き出ている変わった形の半島です。

そこで素晴らしい朝日をみることができました。

また、オジロワシ、キタキツネ、エゾシカの群れと間近で遭遇。
ここは野生動物の宝庫です。そして人間と野生動物の境界線があります。

動物たちの住む場所へ人間が立ちよったのですから刺激をしないように
見学しました。


キタキツネ

エゾ鹿の群れ

オジロワシ








2019年5月27日月曜日

クマって巨大


神戸北野異人館「ベンの家」に行ってきました。

かつて英国貴族のベンアリソン氏のはく製コレクションが展示されているのですが
お目当てはホッキョクグマ。

はく製といえどもこんなに近くだと迫力があります。





陸で生活する肉食動物で最大。
大きいもので600~800キロ。
 最も肉食性が高いと言われています。

 ヒグマとは色は違いますがかなり近い生物のようです。


 各地でクマの出没情報があるようですが、遭遇したら冷静に対処できるのか。。。
 自信はありません。

 そういえば先日調査員が北海道で車内から発見したと聞きました。
 車内で良かったと安堵していました。
 
 
 





2019年5月24日金曜日

稲苗の防除

 この辺りはこれから田植えがはじまりまします。

 散歩をしていたら会社の近所の水田で稲苗を育てておられる所がありました。
私が育った地方では田植えは4月末から5月初旬が多く、
                     稲苗はハウスで育てていました)
とても柔らかい新緑色をしています。
そして防鳥ネットで全て覆われていました。

もしかしたらこれも。。。。


 先日山口県の干拓地で水田の稲にカモの食害があるということで
機器をお貸出した所です。
1町の広さにスーパーランチャーを2台設置していただき、経過は良好とのことです。


 近所の水田を襲う鳥獣ももしかしららカモかもしれません。
お話を伺えたらまた報告します。

 





2019年5月23日木曜日

工場・倉庫の鳩対策



 公園にいる鳩はのどかな平和の象徴なんだけど、

 建物の中に住み着いたら もう大変、にっちもさっちもなりません。

 時にはマンションのベランダの室外機の裏などにも巣作りします。

 そこら中に、糞や産毛でいっぱいで臭い、汚い いやいやいや~



 工場や倉庫などに住み着いたら、追い払っても追い払ってもどこにも行かず、

 我が家のように居座ります。自分のマンションと思っているかのようです。


 私の所に鳩の被害で、様々な所から悩み相談があります。

 依頼を受けたお客様の元へ赴き、毎日のように対策作業をしています。

 対策は簡単ではありません。

 なので・・・・お金も、時間もびっくりするほどかかります。

 それでも、順番にお待ちして頂いているお客様が沢山です。

今はそんな現状が続いています。



 そうそう、 半月ほど前にわざわざタイからお客様が5人、当社に来られて

 食糧倉庫に鳩が!! 何とかしてほしいとお話しがあり取りあえず商社の方に
 調査に行っていただきました。

 とても広い倉庫がタイ北部に沢山あって、検討対応しているところです。


 お問合せでもよくご説明する鳩が住みつく段階のお話を次回いたします。



工場内に鳩が留まっている天井を下から見ると


上に登ってみると多くの糞や巣が見つかる


2019年5月22日水曜日

電柱にカラスの巣 防除日記③

【追払い3日目
私がハンドランチャーを持って出るとカラスが認識するのか、巣以外に留まっているところ(周辺の屋根、電柱など)から飛び立っていく。
しかし、巣にいるカラスは鳴らすまで逃げていかない。

現在のところダイヤル1番の「カッ、カッ、カッ」音が一番効き目があるようだ。


追払い4日目
カラスはまだ産卵していない様子。
私が手ぶらで巣の周辺を歩くとソワソワする挙動を見せる。
ハンドランチャーを持って歩くと逃げていく。
賢い。ハンドランチャーを危険なものだと形状で認識しているらしい。

10日間出張になり家を空けてしまう。
その間に産卵してしまうであろう。
このまま続けたかったのに非常に残念だ。





2019年5月21日火曜日

工場に鳩を寄せ付けない


   どじょうすくいで有名な安来市にある刃物の金属を製作する
  日立グループの会社に行ってきました。

  鳩には至る所の会社も悩まされて困っています。



   鳩は工場内のどこか居心地の良いところ、どこかで住めるところがないか
  或いは安全な所で巣作りの出来る場所を求めて探しにやってくるのです。


  今回の工場は鳩がたまに遊びにやってくる状態で良かったです。

  こちらの工場に設置した追い払い機にて鳩が来ても、
  「ここは居心地のよくない場所!!」
  と体感させているので鳩はやってきません。

   では遊びに来ている鳩ではなく、住みついている鳩にはどうしたら
  よいのでしょうか。

   次回はそのお話をいたします。





  



 

2019年5月14日火曜日

水田のカモ被害対策


各地域で田植えの風景がみられるようになりました。
水田に青い空や新緑の景色が映る様子は子供のころから大好きでした。

しかしそんな水田に被害があるとご連絡いただきました。

留鳥であるカルガモ、マガモによる植えたばかりの苗の食害や踏み付け被害があるそう。

冬季は渡り鳥であるヒドリガモやオナガカモなどの対策に翻弄してきました。
海苔、芝生・・・・やはりカモは柔らかい植物がお好みのようです。

シーランチャーのスピカ―4つを2つに改良し、2方向からの挟み撃ちでバリヤする
ように設置していただくことになりました。(機器名はスーパーランチャー)

水田にやってくるのはやはり夕方~夜で昼間は人がいるのであまり来ないよう。
現在時間設定のテスト中です。





カルガモ










2019年5月10日金曜日

猿の被害! 実証実験準備

引き続きエフコム様ととある町のご協力で実証実験を行っていただくことになりました。

毎年雪解けから猿が集落に出没し、白菜や植えたばかりのネギを食べてしまうような被害が繰り返されているようです。

そこでハンドランチャーによる追払いを1ヶ月行っていただきます。

そのための機器の調整、テストを行いました。
やはり風速や向きによって効果範囲は変わってしまいます。

何度もスピーカーの向きに立って音を聞くと気分が悪くなります(-_-;)
人に向けての発射はしないで下さい。












2019年5月9日木曜日

電柱にカラスの巣 防除テスト日記②

調査員Iです。
電柱のカラス追っ払い2日目。

ハンドランチャーⅢで1回10秒鳴らすとカラスは逃げていき
その後は敏感に反応して50m以内には近づいてこない。

近づかないので家に帰り、再度近づくと音も鳴らしていないのに逃げていく。

昨日からの追払いも記憶している? 私をかなり警戒している様子。

変装しても同じように反応するのだろうか・・・・。

まだ卵は産んでいない。

巣の近くに設置してタイマーで鳴らせたら巣をあきらめるはずだが、
これはできないので、明日からもこのまま続けてみよう。








2019年5月8日水曜日

カラスが電柱に巣を作っている!防除テスト日記①

調査員のIです。
最近私の家の付近でカラスがよく鳴いているし、お隣の屋根に留まっているな~と
思っていました。

あまりにもうるさいので部屋から外を見ると50m先の電柱にカラスが留まっていました。
下にはゴミ捨て場があります。
もしかして巣を作っているのでは!とハンドランチャーを持って近づいてみると・・・
立派に作っていました。真上から「ギャーギャー」と鳴き私を威嚇しています😨

私もハンドランチャーで「カッ、カッ、カッ」と鳴らし追払い開始。
直ぐに逃げて行ったのでまだ卵を産んでいないのだと感じました。

数日追払いを継続してみることにします。

中部電力はこの巣を確認しているようで電柱に張り紙がしてありました。





2019年5月7日火曜日

ジャージー牛

GWに美味しいピザやアイスが食べれるということで牧場へ行ってきました。
入り口に牛が?いや鹿のような牛が。

鹿のような色をしたジャージー牛でした。
産まれてまだ半年ほどで小さく大変愛らしかったです。










牧場内は見学可能で、インフルエンザなどの菌を持ち込まないように
靴裏を消毒液につけてから入場します。






ホルスタインより濃厚な乳質とのことです。
しかし乳量は少ないようです。
ピザもアイスも大変美味しかったです。




奈良教育大学内の鹿












































2019年4月26日金曜日

高速道路SA照明塔のカラス



ゴルフの帰り、眠たくて眠たくて💤

山陽高速道路のサービスエリアに立ち寄った

駐車場の端を歩いていたらカラスが頭上を通り過ぎて

近くにあった照明灯の上に止まった

近くに行って上を見あげると照明灯の踊り場の上にカラスの巣があるのが

隙間から見えました



まだ 卵があるのかひながいるのか判別できないが、こんな所に巣があると

カラスの糞や産毛がレストランや休憩所に飛散して健康を害する

それに 近くに止めていた赤い車の上にカラスの白い糞が….可哀そう😰



NEXCO西日本高速道路に進言しようかな.....



2019年4月25日木曜日

GWお休みのお知らせ

4月27日~5月6日まではGW休暇とさせていただきますが、
お問合せのみは通常通り受付ております。

誠に勝手ながら現地調査、お見積り、出荷などに関しましては5月7日より
順次開始させていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。


2019年4月24日水曜日

埋め立てセンターでカラス被害

広島へ現地調査へ行ってきました。
埋め立て地にカラスが集まらないようにして欲しいとのご依頼でした。
こちらは市民のみなさまが家庭ごみとして出せないものを重さ分の料金を払い、
各自で埋め立て地に捨てるようです。

ゴミを持ち込まれたお客様が来るとカラスは集まってきます。
収集車が来るとカラスのテンションは一気に上がり群がります。

カラスは人間の行動を本当によく観察しています。
私達が音波を発射するとチリジリに逃げていきましたが、上空では鳴き声が響き
コミニュケーションをとっているのもよくわかりました。












2019年4月19日金曜日

照明塔にカラスの巣


とある学校から今年もグラウンドの照明塔にカラスが巣を作っている。
子供たちに被害を与える可能性があるので調査に来て欲しいと依頼がありました。

すでに照明塔2基に巣をつくられていましたが、卵は産んでいませんでした。
こういった高い場所はあまり人が近付くことができない、
カラスにとって安全で居心地が良い場所なのです。
私達が子供を守りたいのと同じように、カラスも子供を守りたいから警戒しています。

巣の撤去と、同じ場所につくられないよう防除として機器の取り付けを提案しました。


こういった場所にトリクナーを設置いただくことが多かったのですが、
照明塔、鉄塔などの高所用の機器を現在製作中です。




2019年4月15日月曜日

ハトの巣作りを防ぐ

新築のご自宅にハト除けのための機器をご購入いただきましたお客様から
設置した写真をいただきました。
以前は屋根に巣を作られてしまい撤去の繰り返しを依頼されていたそうです。
最初から近づけないように防除しておけばその後の手間が変わってくると
喜んでいただいております。



2019年4月11日木曜日

カラス被害から倉庫を守ります

シャンデのご注文をいただきました。
設置完了のタイミングで伺うことができました。
倉庫が大きすぎて機器がとても小さく見えましたが、音はしっかり響いていました。





2019年4月10日水曜日

鹿の捕獲罠

生態調査のために一時的に捕獲するための罠を見てきました。

場所は民家のすぐ裏。

鹿も賢くなってなかなかかからなくなっています。

入ってくれるための工夫を色々考えています。





2019年2月28日木曜日

トリクナーのサイズ


ホームページの写真ではサイズ感が伝わらないということで
2リットルのペットボトルと並べてみました。




2019年2月7日木曜日

競技場のカモ糞害

とある競技場からご相談をいただき現地デモテストに行ってきました。

 海から離れた住宅街にあるのですが、近くに川がながれていて
そこから飛んできているものと思われます。

 夜になると寝にきて芝生に糞を散らかしていくようです。
芝生を傷つけないように手作業で何時間もかけて取り除いていかなければならない
大変な作業になります。

 近隣にご迷惑のかからないように音の選定とテストを繰返し
3日間ごお試しいただきました。
3日目ではほとんどの糞が無くなったとご連絡いただきました。


音の大きさなど不安に思われているお問合せが大変多いようですが、
デモ機のお貸出、現地調査などお気軽にお問合せください。




2019年1月7日月曜日

有明海 海苔冷凍網開始

11月に張った網から収穫が終わり、冷凍保存していた冷凍網に年末張り換えられました。
マイナス30度で冷凍しているのに海苔は生きてて、海の上で成長するんです!!
そしてこの寒さの中、後半の収穫が始まろうとしています。

さて前半の状況ですが、昨年の様子から昼間はカモが少ないので今季はほとんど鳴らしませんでした。しかし鳴らさなければ昼もやってきて食べていたようです。
全体的に多く鳴らすよう再設定をしてきました。